【映画】 歓びを歌にのせて ~AS IT IS HEAVEN~

ここでは、【映画】 歓びを歌にのせて ~AS IT IS HEAVEN~ に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケイ・ポラック監督の18年ぶりとなる新作!!
心に響く歌声は人生を美しく変える、愛と奇跡の物語。

この映画で流れてくる音楽・歌われている音楽 とても素敵です。


[ PR ]
【秋のヨーロッパ映画特集】映画観るならCinemaNow Japan

宅配DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】
☆1ヶ月、完全無料でDVDが借り放題!!☆
★無料お試しキャンペーン実施中!!★

2005年12月17日

ジャンル : ヒューマン

製作年 : 2004年

製作国 : スウェーデン

配給:エレファント・ピクチャー

提供:エイベックス・エンタテイメント

字幕翻訳:戸田奈津子さん

上映時間:132分

歓びを歌にのせて 公式サイト

監督:ケイ・ポラック

脚本:ケイ・ポラック

音楽:ステファン・ニルソン

出演:ミカエル・ニュクビスト
   フリーダ・ハルグレン
   ヘレン・ヒョホルム(スウェーデンの歌姫)
   レナート・ヤーケル


聖歌隊のメンバーを通して、人生の葛藤を乗り越える物語。



~ 発想のきっかけは ~ ( ケイ・ポラック監督のコメント )
  
 ”人生で初めて、心の底から ”愛している” と言える人に出会えた 彼女は、聖歌隊で歌っていたんだ。 そこで「聖歌隊が主人公の映画はどう!?」って言ったんだ。
人生を共にする人と仕事が出来るなんて、夢のようだよ。


もちろん、その彼女とは、現在の奥様 カーリンさん。
彼女とともに、今回の映画の脚本を仕上げたそうです。


そんな2人が脚本段階から、イメージしていたのが今回の主演を演じた、スウェーデンの名優 ミカエル・ニュクビスト。

映画だけではなく舞台俳優として活躍中。



~ ミカエル・ニュクビストさんの今回の映画で体験した奇跡とは ~

 時間をかけて撮影出来て、満足しているし、みんなに会えたことが嬉しかった。
 でも、友達は出来なかった・・・。 家族が出来たんだ!! いまの、うまく言っちゃったね。(笑)



天才指揮者ダニエル(ミカエル・ニュクピスト) 最高の名誉と栄誉を手にしたとき、 彼に残されたものは・・・。

ぼろぼろの心臓と、深い孤独を抱えて彼がたどり着いたのは・・・。

音楽にはもう関わらない、そう決めていたのに。

それぞれの想い  

それぞれの人生

いろいろな問題を抱えながらも、心から音楽を愛する彼らの心に触れた、ダニエル。


一度は、すてた音楽。

どんなことがあっても、自分らしく生きていく。 そんな力強さを感じる歌!!


~ 私の人生は、今こそ私のもの

  この世に生きるものはつかの間だけど

  希望にすがってここまで歩んできた

  良くても、悪くてもそれは自分の選んだ道 

  私は、こう感じたい

  「私は自分の人生を生きた」と ~

  



日本では、あまり有名な俳優さん達ではないですが、映画に国境はない。 大変勇気ををもらえる生きる喜びをもらえる映画です。



スウェーデン映画史上第3位 160万人動員


2005年アカデミー賞 外国語映画賞ノミネート


「歓びを歌にのせて」オリジナル・サウンド・トラック
「歓びを歌にのせて」オリジナル・サウンド・トラック




男と女のスリリング―映画で覚える恋愛英会話男と女のスリリング―映画で覚える恋愛英会話
戸田 奈津子

スターと私の映会話! 愛の殺し文句―映画でオシャレに英会話 字幕の中に人生 CD付き これは使える!男と女の英会話 映画字幕は翻訳ではない

by G-Tools




[ PR ]

花より男子DVD-BOX (発売予定日は2006/03/10)

容疑者 室井慎次 発売予定日は2006/04/19

悲しき恋歌 最後のプレゼント 発売予定日は2006/02/10




↓ ( 応援宜しくお願いします。 )

参考になる映画BLOG情報はこちらから

にほんブログ村 映画ブログ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigadorama.blog22.fc2.com/tb.php/99-3d0cb7f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 | 映画・ドラマ情報 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。